English-boxトップ >> すぐに使える英語上達ツール >> あのeBookの著者、情報・中身

あのeBookの著者、情報・中身

私がちゃんとチェックしました!あのeBookの著者、情報・中身

先日、TOEICプロジェクトのメンバーさんから、こんなご質問をいただきました。

最近、メルマガでもいろいろな英語学習に関するEーbookを出していらっしゃる方がかなりいらっしゃいます。

どれも魅力的に見えますし、無料版は大体ダウンロードしておりますが、有料版になると最低でも8000円から高い物では2万円以上する物もあります。

タイトルを見ただけでは、どれがいいのかわかりませんし、大半の物は返品ができません。

その点、書店で購入するのと違い本を手にとって見られないので不便ですね。

さやかさんの方で、これはお勧めできるというE-BOOKがあれば考えてみようと思います。

あくまで私の英語学習の参考までに考えているだけですが、私にとってお安い物ではないのでそういくつも購入するわけにもまいりません。

お勧めがありましたらいくつか教えてください。

(Michikoさんより)

すぐに使える、英語・情報リンク集

Michikoさんはこれまでにご自分でいろいろと工夫をしたり、人から指導を受けたりされていて、TOEICでも800点超のスコアを出されています。

プロジェクトのメンバーさんとして電話コーチングやメールでのご相談を私が直接受けていますので、ご自身に合った英語学習法については、今からeBookを探される必要はありませんね...。

以下に、私が

  • 直接会ったり、やり取りをしたりして著者のことを知っている
  • 原稿を見せていただくか、購入するかなどして、内容をチェックしている

という点を満たすもので、サイトに来てくださる方やメルマガの読者さんにおすすめできると感じているものをあげておきます。
(調査を続けていますので、今後も随時追加などしていきます。)

ご自分の状況や目的に応じて役立ててみてください。

※すでにTOEICでも高得点を取るなどしてある程度の力があり、英語に関してご自分なりの勉強法を持っている方には、以下でご紹介しているものよりも英語版の電子書籍がおすすめです。

「英語の勉強」のために書かれたものではなく、「英語で情報収集」を楽しめるようになっています。
(興味のある内容で英語に触れる、SE学習の考え方にもぴったりです!)

以下でご紹介しているものは、主にeBook(電子書籍。クレジットカードで購入することが多く、購入直後にダウンロードが可能なところがメリット)の形態で販売されています。

英語に関する知識・情報編(このすぐ下です)

英語学習法編(追ってアップします)

英語で電話を受ける・かける機会のあるへのおすすめ度 ★★★★★  

TOEICパート2,3の会話表現に慣れたい人へのおすすめ度 ★★★★☆

対象TOEICスコアの目安: 全般

『聞ける!英語で電話応対マニュアル~聞いて覚えてスキルアップ!』

英語の電話に出られるようになりたい、TOEICのパート2,3の会話問題に強くなりたい...という方に役立つグッズを発見しました。

著者・講師のあれっくすさんは、アメリカのノースカロライナ州で生まれ育ったバイリンガル、現在は英語学習サイトの企画・運営、4誌で合計39,000人の読者を持つメルマガ発行者さんでもあります。
(フェレットと小型犬(パピヨン)を飼っている、動物好きの一面も...)

以前は通信会社で国際部門のネットワーク故障を担当する部署にいて、世界各国のお客を相手に英語で電話応対をしていらっしゃったそうです。

社内の、英語を基本的に使わない部署の社員への英語電話応対の指導や、応対マニュアルの作成なども行っていた経験を持つ、いわば、英語電話応対のプロです!

日常で友人などからの電話応対で使われるフレーズ、職場でお客様との電話応対で使われるフレーズなど、実践で使える基本フレーズを140以上収録、ネイティブ音声付(Slow/Normalスピード)で読みながらその場で聞ける、iPodにも対応、さらにあなたが英語の電話を直接体験できる特典つき...

ご本人に直接お話をうかがったところ、「ビジネスで使えるクレーム対応にこれだけページを割いたものはない」ということ。
(ビジネス英語でよくある場面ですね)

英語を使う仕事をされている方、または将来英語を使って仕事をしたい方なら、「失礼にならない、正しい表現」を明日から自分が使えるようになるというのは大きな自信になりますね!

→ 私も参考にしています、電話応対に強くなれるマニュアル(音声付!) 

とにかく英単語を頭に残したい、今までと違った工夫をしたいへのおすすめ度 ★★★★☆

日常では出あわない難解単語を覚えたい人へのおすすめ度 ★★★★★

対象TOEICスコアの目安: 450点以上(それ以下の人はこの方法に時間をかけるよりも、まともに基本単語集を繰り返したほうがいいかも)

『英単語を7日で500個覚える驚異の方法』

以前にメルマガ内でご紹介したときに、TOEICプロジェクトのメンバーさんからの質問が相次いだのがこれでした。皆さん単語では苦労されているんですね...

(メルマガでご紹介したときの文章↓)

---------------------------------------------------------
■ TOEIC・英検に... 今度こそ語彙力アップ
---------------------------------------------------------

◆7日で500個英単語を覚えた、著者の方法とは?

私(sayaka)も入手しました。

これで苦手だった上級者の語彙をすっきり覚えてみたいと思います。
  → 『英単語を7日で500個覚える驚異の方法』

(以下、いただいたご質問と私からの返答↓)

> この間メルマガで、語呂合わせで単語を覚えるのを紹介されていましたが、
> いかがですか?単語テストならともかく、そういう覚え方をして文章で出てきた時に
> 思い出せるのかな??と思ったもので・・・。

「7日で500個英単語を覚えた」方法、確かにうまく使うと効果があります。

私の印象では、語呂合わせは頭に残す「きっかけ」であり、単語を見る→語呂合わせが浮かぶ→意味が浮かぶという流れをはじめの数回はたどりますが、何度か見かけるうちに単語を見る→意味が浮かぶという状態になると感じています。

やはり何度か復習をする必要がありますが、慣れてくると思い浮かべるときにいちいち語呂合わせを思い出さなくても大丈夫になります。

単語暗記の入り口部分で苦労しないで頭に残すという点ではとても役立ちました。

ちなみに、著者のような実験(日数と単語の個数をチェックする)はまだできていないのですが、ちょっとした時間を使って語呂合わせで作ったものは、印象に残っていて忘れていません。

simultaneously、obstetrician など...

これまでに面白おかしく作者の作った語呂合わせを紹介した本はありましたが、この書籍では、自分だけの暗記用として、単語を覚えやすくなる語呂合わせを体系的に(まじめに!)解説しているところがとてもよかったですよ。

私は語呂合わせばかりで単語を覚えているわけではありません。

出あう回数が多くて自然と覚えるものもありますよね。

ただ、体系的な情報を得たことで、日常生活ではなかなか目にしないような単語まで、覚えることが面倒ではなくなってきましたよ!

(さらに、こんな質問もいただきました...)

> ゴロ合わせの方法を教えてくれるようなのですが、
> そのゴロに合わせる語彙が貧弱だとうまく使えないんじゃないかと
> 思ってしまうのですが、そういうことはないのでしょうか?

とってもいいご質問です!

これについては、電子書籍中で「この音にはこの言葉」というコーナーがあり、英単語を分割してよく出てくる音とそれに対する一般的な用語が6ページにわたって一覧になっています。
(これがなければたしかに大変です!)

→ これは使える!と私も実感しました。英単語暗記の「驚異の方法」を見る

学習から一歩進んで、英語で情報収集をしたい人へのおすすめ度 ★★★★☆ 

留学などで、英語で講義を聞く機会のある人へのおすすめ度 ★★★★★

対象TOEICスコアの目安: 600点以上

『レクチャーリスニングとノートテイキングのコツ』

著者の田宮純子(junquito) さんより:「一年目の大学(※)のレクチャーは、45分間講義室にいるのが苦痛なくらい理解に苦しみました。

話を聞きながら、 大事なところとそうでないところを見極め、重要な部分だけをノートにまとめ、後でノートを見るだけで話の 内容が思い出せる...そんなノートのとり方を、指導してもらったことって、あるでしょうか?

「英語のレクチャーなんて、さっぱり」というところから始めて、英語圏の大学で実際に行なっている講義を聞いて現地の学生並みのノートが取れる、というレベルに到達する事を目標としています。」

※カリフォリニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)

さやかよりもう一言:留学準備中の方だけでなく、インターネットを活用して「他の人の一歩先を行く情報収集をするぞ」という向上心の強い方にぴったりだと思います。

読んでおしまい、という類のものではなく、ワーク、エクササイズ形式を取り入れて「自分の弱点はどこか、それをどう克服するか」を見つけて練習できるようになっています。

ここでまとめられている方法を意識して使うことで、まとまった量の英語でもポイントをつかめるようになります。TOEICに挑戦中の方ならならPart3,4,7に余裕を持って取り組むための対策にもなると感じました。

現在は海外で子育て&情報発信中の純子さんですが、直接の相談に乗ってくださるというプレゼントもあります。

→ 無料のプレビュー版もある、『レクチャーリスニングとノートテイキングのコツ』

※この情報、私はこちらの会員制サイトを利用して、英語レクチャーを聞くなど、自分の学習用にも役立てています。

出張や旅行で海外へ行く予定がある人へのおすすめ度 ★★★★★

お子さんが留学を控えている親御さんへのおすすめ度 ★★★★☆

対象TOEICスコアの目安: 全般

『海外旅行 完全サポートマニュアル』

さやかより...
著者の平林さんはビジネスからプライベートまでの海外旅行のベテランで、海外渡航経験は80回以上。☆My Overseas Report☆というメルマガで情報発信もされています。 

早速手に入れて読み始めましたが、「うわ~ やはり経験豊富な方からの情報はすごいな」と感じています。

私も海外一人旅やホームステイの引率など、少しは経験がありますが、ここまでの知識はありませんでした。

項目別のアドバイスがずらり!!!(リンク先ページの目次を見てください!)旅慣れた人からの生々しいお話に、安心感を覚えます。

しかも、疑問があれば著者さんが直接答えてくれる(!)というサポートつき。

「海外旅行保険とクレジットカードについて」の項の内容を知っておくだけでも、数千円の節約になりそうです。

通常、本を一冊持っていくと重くなりますが、これならプリントアウトして必要なページをカバンに入れていくこともできます。

海外出張・卒業旅行を控えた方、休暇中の海外旅行計画を立てている方、お子さんをホームステイに送り出そうとしている方...単行本+α程度の価格で「安心」と「自信」が手に入るところがいいです。

→ 海外へ行く前には必ず目を通しておきたい項目(目次をチェックしてみてください)

※ご紹介しているものの他にも、著者さん、読者さんからのおすすめがありましたら、お知らせください。(読者さんに役立つと思われるものについては、追って掲載させていただきます)